乾燥肌のクレンジング

ホーム お問合せ・ご予約はコチラ
  • 妊婦マッサージ
  • マタニティエステ
  • 初めての方へ
  • メニュー
  • アクセス
ブログ

乾燥肌のクレンジング



11月になりました!!

今年もあと2ヶ月。。。早いですね。。。

毎年毎年、あっという間に一年が終わってしまいます。

「今年も良い一年だった」と思えるよう、残りの日々を素敵に過ごしたいですね。

 

さて、10月の台風一過、乾燥肌の方が増えてきました。

空気も乾き、冷気が流れてきたのでお肌の水分が不足しがちな・・・あの季節が!!!

やってきます。

 

今は化粧品もとても考えられて作られていますので、保湿ケアの商品などたくさんあると思います。

それらの効果を最大限に得られるように・・・・ホームケアのポイントをご紹介します。

*化粧品メーカーや個人の肌質によって異なりますので、ご参考程度に♪

 

まずはクレンジング。

拭き取り式、オイル、ジェル、クリーム・・・たくさん種類がありますが、乾燥肌であれば「ジェル」がおすすめ。

拭き取り式は、お肌への負担がありますので乾燥中はあまりお勧めできません。

オイル・クリームは油分で、皮脂やメイクを落とします。落ちが良いのですが、必要な皮脂まで取られやすいのでご注意を。

ほかにローションタイプなどもありますが、乾燥しているとクレンジングの水分が吸収されてしまうため、なじませる時に摩擦が起きやすくなります。

 

という理由で、「ジェル」がおすすめです。

水分を固めたような形状なので、オイルのように少し硬さがありメイクや汚れを絡めやすく、必要な皮脂までは取り除くことはありません。

メーカーにもよりますがなるべく「ノンオイル」のジェルがいいですね(^-^)

 

できれば水で濡らす前に、たっぷりのクレンジングを顔になじませます。

お風呂の時であればそのまま首や胸元・腕などにも伸ばすと、ボディのケアにもなります。

優しく、肌が動かないように、ゆっくりと大きな円を描くように♪

この時に強い圧をかけると肌への負担があるのでお肌が固くなりますのでご注意!

イメージで言うと、絹豆腐を壊さないように撫でる感じです。

できればゆっくり・・・直径5センチくらいの円を描くように。

約3~5分。

その後、37度ほどのぬるま湯でこれまたゆっくり洗い流します。

この時にも肌が動かない程度のチカラでクレンジングを流してください。

 

熱いお湯で流すと、必要な皮脂まで流れてしまい乾燥の原因になります。

冷たい水だと毛穴がしまってしまい、汚れが毛穴に残ります。

 

 

クレンジングの種類・力加減・流す温度で、乾燥肌は7割予防できます。

その後の洗顔や保湿ケアも大事ですが・・・

そちらはまた今度(*^_^*)

 

いまお使いのオイルやクリームタイプのクレンジングも同様にしてみてください。

しばらくするといつもと肌の色が変わってくると思います。

拭き取り式のタイプを使用している場合は、そ〜っと、優しくお肌が動かないように拭き取ってください。

優しくする分、落ちが弱くなるのでゆっくり時間をかけてあげてくださいね♪

 

LET’S TRY \(*⌒0⌒)♪