妊娠中のツボについて

ホーム お問合せ・ご予約はコチラ
  • 妊婦マッサージ
  • マタニティエステ
  • 初めての方へ
  • メニュー
  • アクセス
ブログ

妊娠中のツボについて


よく「妊娠中はマッサージはだめ」と断られたり、いわれたりしたとお客様から質問されることが有ります。

妊娠中は「禁忌部位」といって刺激を好まない箇所があります。

それをまとめて「妊娠中はマッサージはだめ」と表現されることがあります。

 

実際には「足裏」や「手」「耳」など特に全身のツボが多く集中する箇所では注意が必要です。

 

「生殖器の反射区」といわれるツボは、オススメしません。子宮や卵巣などとつながるつぼを刺激することで、生殖器内の血流が急激に良くなり、お腹の張りがつよくなったりする場合が有ります。

足裏でいうと、かかと~足首周り。

手の平の小指の付け根、手の甲の親指と人差し指の水かきの間。

耳の上部内側部分。

 

すでに「押してしまった!!」という妊婦さん。

現在、お腹の張りが落ち着いていれば大丈夫です。むやみに心配をしないでくださいね。

これらの「ツボ」に関しては、実際ここを押したから赤ちゃんに何かあるということはほとんどないそうです。

 

実際に、出産の進みが遅かったりする場合に「ツボ」を刺激して、お腹の張りを促し、陣痛を進めるということが有ります。

(といっても、すぐに生まれるわけではありません。あくまでも促進の補助ですね。)

このような流れの中で「マッサージはだめ」といわれるようになったそうです。

 

そうはいっても、妊娠中は頻繁にお腹が張らないほうが良いです。

ですので、自身でのマッサージやだんなさんにマッサージをしてもらうときは、避けたほうが安心ですね。

 

 

たとえば、目や肩、頭痛に効く足指の腹をコリコリ刺激してみたり。

足三里のツボ(ひざから4本指下のすねの部分)には、全身の疲れを取り、胃腸を整える働きが有ります。

それから、耳ともみ上げの間の軟骨の手前に「食欲を抑えるツボ・飢点」というツボが有ります。

妊娠中の体重管理に欠かせない、食欲をコントロールするのにオススメです。

 

 

「生殖器系」のツボをさけ、違う箇所のツボ刺激やマッサージなど、出来る箇所や気持ちの良い箇所はたくさん有ります。

日々、変わっていく体に「優しい癒し」として、労わるようにやさしく触ってあげてくださいね♪

 

また、マッサージ後は老廃物が体外へ排泄されるので、かならず水分補給をお忘れなく!!